竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

2015.11.09新商品情報(きもの・帯)竺仙きもの 新春の装い 

2趣の槍梅の手描き友禅帯が染め上りました。

早春、真っ先に咲き始める梅の花は、その形のかわいらしさも相まって

桜とともに古くから愛される花です。

上へ上へと真っ直ぐに伸びる枝に小さなつぼみと花弁を配した槍梅の柄。

凛とした強さと喜びを感じさせる新年にふさわしい帯です。

 DSCN6832 - コピー

 

 

 

 


 

コピー ~ DSCN5814   コピー ~ DSCN6676

着物は縁起柄の宝尽くしの柄を深紅で染められた江戸小紋です。

氷割地紋の塩瀬帯生地に描かれた紅梅の色が着物の色と呼応して魅力が増すようです。

お正月だからこそ、こんなコーディネートも楽しみませんか?

 

コピー ~ DSCN5902   コピー ~ DSCN6409

こちらの槍梅は珊瑚色と紅梅色でやさしい印象。丸く並んだ蕾が可愛らしい手描き友禅帯。

よろけ縞地紋の軽やかな風合いの帯地を使っています。

着物は現代の名工 浅野榮一氏が染めた江戸小紋 十二縞の柄。

十二種類の縞柄が彫り分けられた 故・児玉博氏の型紙を使用して染められた

粋で上品な江戸小紋です。

 

 

 


 

お正月に楽しみたいコーディネートをもう一つご紹介

 

江戸の風情あふれる玩具尽くしの柄。

大小霰の小紋とあわせた出立ちで初詣などいかがでしょうか。

 

コピー ~ DSCN5938   コピー ~ DSCN6616

若草色の江戸小紋は清々しい印象です。槍梅の帯と同じくよろけ縞地紋の生地に黒地の帯。

年代問わずお召いただけるコーディネートです。

 

細かに描き込まれたやっこ凧やだるまの顔のユニークな表情が楽しくなる江戸友禅帯です。
コピー ~ DSCN6641

 

 

 

 

コピー ~ DSCN5946コピー ~ DSCN5818 - コピーコピー ~ DSCN5912

着物05-147994            着物38-134615       着物02-146812

帯 14-148769           帯 67-148701       帯 14-148705

 

お問い合せ  加藤まで kato@chikusen.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.10.16新商品情報竺仙きもの クリスマスの装い

 

秋も深まり、年末にかけてお友達と集う機会も増える季節です。

クリスマスには着物をきてお出かけになりませんか?

DSCN5978DSCN6014

飛柄小紋にローケツ手描き更紗名古屋帯        風雪柄江戸小紋に空飛ぶ魔法使いの柄手描き名古屋帯


 

DSCN6206

ボルドー色がクリスマスのパーティなどに映える小紋です。

雪輪の中に小花などの細かな手描き友禅が施されています。

帯は野趣の風合いのある栗繭紬地。

深緑がかった黒地に渋めの彩色で華紋描かれた帯で、

少し控えめなコーディネートです。

金糸 銀糸のはいった洒落袋帯とあわせればより華やかな

装いになるでしょう。

 

DSCN5991 着物 07-100305 帯 67-148255


 

DSCN6116 

黒地に水色で風雪を思わせる柄が染められた江戸小紋は

帯が主役のコーディネート。

一目見ただけで楽しくなるような魔法使いの手描き帯は

水面に張った氷が割れた様が地紋になった氷割塩瀬生地。

真っ白な地におとぎ話にでてくるリンゴや小鳥に三日月などが

描かれた遊び心あふれる帯です。

 

DSCN5997 着物 01-148323 帯 67-148939

 

 

お問い合せ  加藤まで  kato@chikusen.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

2015.09.09新商品情報竺仙小紋 秋の装いのご紹介

急に肌寒く感じられるようになりました今年の9月。

これから深まる秋に、小紋染師 渡辺幸典氏によるオリジナル鮫小紋『たまむし染』のご紹介です。

 

DSCN5369DSCN5424

 

『たまむし染』といわれる小紋は、その名の通り

おなじみの鮫小紋の上に色とりどりに散らした染料がたまむし色に見える着物です。

極鮫小紋の型紙で防染糊をつけた後、ふぶき柄の型紙の上から色糊で4色の染料を 少しづつずらしながらのせていき、

最後に地色を染めます。 すると多色が重なり合って不思議な味わいのある着物が生まれます。

柔らかな一越縮緬にそめられた『たまむし染』は動きにあわせて表情が変わります。

 

DSCN5589DSCN5580

 

 

DSCN5393DSCN5430

たまむし染着物              01-148653(地色芥子)   たまむし染着物         01-148291(地色赤茶)

紅葉に若松 手描き友禅帯 47-124319        秋の果実 型絵染帯  48-123538

 

DSCN5588                 地色は赤茶 芥子 青磁の三色です。

たまむし染着物            01-148654(地色青磁)

 

DSCN5596DSCN5559

紅葉に若松柄が手描きされた                栗繭紬地の型絵染名古屋帯。

これから晩秋にふさわしい友禅名古屋帯。          同じ秋の帯ですが、こちらはよりカジュアルな装いに

氷割れのような地紋のある塩瀬生地に金彩も施されています。 この季節にぴったりな栗、どんぐり、銀杏等が

美術館めぐりなどにいかがでしょうか?           染められています。

 

お問い合わせ 加藤まで kato@chikusen.co.jp

2015.03.20新商品情報春の竺仙小紋

日差しの温かさを感ずる季節となってまいりました。

竺仙小紋 春のコーディネートのご紹介です。

 

コピー ~ DSCN4925DSCN4937

 

 

 

こちらの2枚は原由美子さんにコーディネートしていただきました。

原さんはスタイリストの草分け的存在で、最近ではFIGAROjapon連載『きもの暦』でもおなじみです。

 

帯はどちらも江戸更紗と摺り疋田染の組み合わせの妙が魅力の名古屋帯。

江戸更紗も摺り疋田も型紙の上から染料を摺りこんで染められるため、思いがけない調和を見せます。

若草色の江戸小紋は竹に雀の柄。地色とともに春らしいかわいらしいコーディネートです。

右の藍型小紋は味わいのある型絵の遊び着。七宝に染め分けられた更紗のターコイズブルーが新鮮です。

 

DSCN4785  DSCN4798

着物 江戸小紋 竹に雀  05-135091   着物 藍型小紋     48-137191

帯  紬疋田更紗名古屋帯 65-144636   帯 紬疋田更紗名古屋帯 65-144637


 

羽織、コートなしの“帯つき”のおでかけができる貴重なこの季節

『着物一枚に帯三本』ともいわれます。

帯を変えてこんな合わせ方はいかがでしょうか。

DSCN4871DSCN4841

 DSCN4927 - コピー のコピーDSCN4935

帯  手描き染め名古屋帯  11-123580   帯 紬手描き更紗紬名古屋帯   11-123536

絞り染の中に和更紗の柄が描かれた辻が花風  金彩で更紗花模様が描かれた名古屋帯は

名古屋帯。                 野趣あふれる栗繭紬地を使っています。

柔らかなシボのある変わり織生地です。

 


こちらも帯を変えて・・

コピー ~ DSCN4881 - コピー のコピーDSCN4895 のコピー

 

DSCN4951DSCN4957

帯 細密手描更紗名古屋帯 14-146197     織名古屋帯 参考商品   ビーズ帯留 要お問い合わせ

江戸友禅の職人の手により紬名古屋帯は      無地感覚の織名古屋帯を合わせるとすっきりとした装いに

18世紀のインド更紗裂をモチーフにしています.  帯留を合わせる楽しみもあります.

 

 

お問い合わせ 加藤まで  kato@chikusen.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

2015.01.23新商品情報竺仙小紋の『色』

2015年 竺仙の江戸小紋がそろいました

DSCN4658

 

通常、江戸小紋は単色しか使われません。

遠目には無地にみえてしまうほど精緻な柄の江戸小紋。

それだけに『色』が一番大切です。

たとえ同じ色でも染めた職人、染められた日の気候などでも一反毎に微妙な色合いが異なるといわれております。

 

〈墨色〉すみいろ〈梔子色〉くちなしいろ〈牡丹色〉ぼたんいろ〈鶸色〉ひわいろ〈藤鼠〉ふじねず〈香色〉こういろ

〈丁子茶〉ちょうじちゃ〈海老茶〉えびちゃ〈鳩羽紫〉はとばむらさき〈利休鼠〉りきゅうねず・・・・

 

DSCN4718

江戸小紋の色は反物の口の部分と柄の部分とでは色が全く違います。

口の部分の色の半分の濃さが柄の部分です。

機会がございましたら、口の地色の良さでお選びにならず、柄の色合いも御覧の上、

是非、お顔映りの良い色をお選びください。

2014.09.24新商品情報竺仙 男性正絹着物

            染めにこだわる竺仙の男着物。

       江戸小紋に続いて絓引き(しけびき)小紋のご紹介です。

DSCN3325     DSCN3397    DSCN3329 

コシのある刷毛に色とりどりの染料をつけ、生地の上を滑らせて染められます。

【春の竺仙小紋~春から夏の単衣コーディネート】でもご紹介いたしました絓引き。

緑がかった縹色と落ち着いた利休鼠。

どちらも男性にお召しいただけるような地色に様々な色の線が描かれることで より深みのある表情が生まれます。       DSCN3352

着尺 67-145124       着尺 67-145123

博多帯 23-146785      博多帯 23-146787

生地は本駒お召 1尺1寸巾 。 体格の良い方や羽織のお仕立ても可能です

 

 

お問い合わせ 加藤 kato@chikusen.co.jp まで。

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記