竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

  • 1
  • 2

2018.09.07お知らせ本日9月7日(金)より函館・丸井今井様営業スタート致しました。

昨日から開催を予定しておりました函館丸井今井様での催事「江戸老舗めぐり」、

大地震の影響でライフラインが途絶え中止となりましたが、本日より営業の目途が立ちスタートしております。

予定通り、来週9月12日水曜日まで7階催事場に出店しております。

安全であることを第一優先とし、ご来場が可能なお客様は是非お顔見せに

お越し下さい。

担当:近藤信之

DSC_0537 DSC_0536

DSC_0533

2018.07.25お知らせ日本橋三越本店竺仙商品4階呉服売場に移動致しました。

7月24日まで7階で開催しておりました「ゆかたガーデン」が終了致し

本日よりもとの4階の呉服場に戻り販売しております。

売場風景お届け致します。

担当:小川茂之 福本達也

三越 H30 売場画像① 三越 H30 売場画像② 三越 H30 売場画像③ 三越 H30 売場画像④ 三越 H30 売場画像⑥

 

2018.06.11メディア情報スィート7月号に掲載されました!

スィート7月号綿絽地染麻半巾帯

綿絽地染・・ブルー地鉄線柄  麻半巾帯・・黄/生成

 

2018.05.23お知らせ日本橋・三越竺仙コーナーがまたもリニューアル。 スペースが広くなりました。

売場はいつも新鮮でありたいと思います。

本日よりスペースも広くさらに見やすい売り場作りに心がけました。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

担当:小川茂之 福本達也

 

三越 H30 05.23~⑩三越 H30 05.23~②

三越 H30 05.23~⑨ 三越 H30 05.23~⑧

三越 H30 05.23~④ 三越 H30 05.23~③

2018.05.08お知らせ5月8日~難波髙島屋様呉服竺仙コーナーの風景

難波髙島屋様の呉服の竺仙コーナーもとても見やすくなっております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

担当:宇津木 一正

IMG_20180508_151158  IMG_20180508_151246

IMG_20180508_151223

2018.05.08お知らせ5月8日~のJR名古屋髙島屋・呉服竺仙コーナーの風景

関西担当の営業マンが本日撮影した名古屋・髙島屋様の売場風景でございます。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

担当:宇津木一正

IMG_20180508_110728  IMG_20180508_110655

IMG_20180508_110714  IMG_20180508_110540

2018.04.24新商品情報オンラインストアー新着商品

■竺仙オンラインストアー情報

今週の竺仙オンラインストアー新着商品

 

【反物】女性 『綿絽地染』紫陽花 陰日向

【反物】女性 『綿絽白地』蔓桔梗

【道屯花織半巾帯】 『道屯花織半巾帯』ブルー濃淡と白の縞

 

是非ご覧下さいませ。

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM268.html

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM267.html

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/OB217.html

 

DSC_3106-2 DSC_3195-2 DSC_3414-2

2017.12.18新商品情報(きもの・帯)江戸小紋の柄 麻の葉

麻の葉の柄は、幾何学的なシンプルな連続模様で、着物に限らずよく使われる意匠です。

六角の星のような形は麻の葉をかたどっています。

昔から神事にも使われてきた麻は節がなく、すくすくと強く伸びることから子供の成長を願う縁起柄でもあります。

麻の葉模様が染められた着物、帯は数々ありますが、今回は江戸小紋三点をご紹介。

 

DSCN6914 手前より06-153109 05-104274 05-151611

同じ麻の葉の江戸小紋でも柄の大きさや型紙の表現の仕方によって印象が変わります。

大きい麻の葉小紋はカジュアルな街着として・・・。

真ん中の着物はスタンダードな昔から目にする大きさの麻の葉小紋。

 

手前の藤色の着物は極細の錐彫りの型紙を使って染められた〈向かい鶴麻の葉〉。

よく見ると麻の葉の中に鶴が組み合わされており、どちらも吉祥模様です。

紋をいれると少しフォーマルな席にもお召しいただけます。

 

 

DSCN6722DSCN6720

麻の葉柄の中でも鹿の子模様で麻の葉を形作る『半四郎鹿の子』と呼ばれる柄。

歌舞伎役者5代目岩井半四郎が八百屋お七を演じた際にこの柄を着てから庶民に流行したとも言われます。

江戸時代の女性もこんな染物をきていたのでしょうか?

江戸の街着の装いを思わせるカジュアルな着物に合わせて紅型染めの名古屋帯をコーディネートしています。

琉球紅型の柄としては少し異色の柄ですがとても人気のある柄です。

向いあわせにハトが並び、お締めになると楽しい帯です。

DSCN6883

琉球紅型名古屋帯 染・知念冬馬  08-151648

 

 

お問い合せ   kato@chikusen.co.jp 商品部 加藤まで

 

2017.07.07メディア情報ベリー8月号に掲載されました!

滝沢眞規子さんの素敵な着こなしをご覧ください!

p148 綿絽地染(納戸 紫陽花) p149 綿絽地染(納戸 紫陽花) p150 綿絽白地(萩)

綿絽地染・・納戸地紫陽花

綿絽白地・・萩

2017.06.08メディア情報婦人画報7月号に掲載されました!

貫地谷しほりさんに綺麗にお召いただいております。

絹紅梅・・ブルー地波にかもめ

麻手描染名古屋帯・・ピンク地撫子柄

p113 絹紅梅(波にかもめ)麻手描染名古屋帯p112 絹紅梅(ブルー地波にかもめ)麻手描染名古屋帯

 

  • 1
  • 2
すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 今年の新作浴衣 新商品情報
新商品情報(きもの・帯) 新商品情報(ゆかた・帯) 新商品情報(小物)