竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

すべてのカテゴリー

2020.08.07お知らせ8月7日~10日(月)迄 京都高島屋「きもの祭」竺仙専用コーナー5階呉服で開催

長梅雨も終わり遅い夏の到来でございます。明日から夏休みの方も多く

いらっしゃるかと存じます。

京都高島屋様5階呉服売場で「きもの祭」がスタート致しました。

竺仙の代表商品でございます、「江戸小紋」と「浴衣」

是非間近でご覧頂きたくご案内申し上げます。

担当:近藤信之

DSC_2418 DSC_2419 DSC_2420

2020.08.05お知らせ特集【浴衣を着て、気分を変える】

竺仙からの新しいご提案

特集【浴衣を着て、気分を変える】

を更新いたしました。

是非ご覧ください。

 

https://www.chikusen.co.jp/kibun/

 

2020.08.05竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

 

0805a

 

型染は、白生地に型紙を置き、防染の為の糊を付けます。

糊がついていない部分は染料で染まり、糊が付着している部分は染まらず柄となります。

型染にとって重要な役割を担っている糊は、餅粉や糠などが主原料ですが、職人によりそれぞれ秘伝の糊の作り方があるようです。

 

0805b

 

引き染めでは青い糊を使っています。

生地との差を際立たせる為に、元は薄茶色の糊に群青を入れて青くしています。

 

0805c

 

赤い糊を使っているのは長板中形です。

長板中形の特徴は型付けを表裏両面することですが、表に付けた糊が裏から透けて見えて見当を付けやすいように、糊に緋粉を入れています。

 

0805d

 

青い色も赤い色も、生地には定着しないので染め上がると消えてしまいます。

行程の途中でしか見られない、儚くも美しい色合いです。

2020.08.01お知らせ日本橋高島屋和むすび「竺仙展」開催中

会期中の「竺仙展」売場の竺仙の商品の

ご紹介。今年の新作はじめ美しい意匠を

取り揃えでおります。竺仙スタッフも常勤しております。

売場の品々改めてご紹介いたします。

担当:木村泰隆・宇津木一正

IMG_4505      IMG_4508

 

IMG_4511  IMG_4509

 

 

 

 

IMG_4504IMG_4507IMG_4512

IMG_4519

2020.07.29竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

型染には、色々な道具を使います。

「へら」は、糊置き(生地に防染の為の糊を付ける)する時に用いるものですが、様々な形があります。

最も古くから使われていたのは、竹べらです。

 

0729a

 

細長く割った竹の先端を鋭く尖らせた、特大の竹串のようなもので、職人さんが自ら作りました。

川越喜多院蔵の狩野吉信筆「職人尽図屏風」に描かれている型染職人も手には竹べらを持っています。

 

0729b

 

近年になり出刃べらが登場し、その後駒べらが普及します。

竺仙には若い頃に竹べらを使ったことがある職人もおりますが、今は駒べらを使っています。

四角い形をしている駒べらは、力が伝わりやすく糊を薄く付けることができます。

また、型を送るときに口にくわえられるので、使い勝手が良いそうです。

 

0729c

 

持ち手があるへらは、出刃べらです。

 

0729d

 

染める技法や柄などにより用いるへらは変わりますが、両方を使いこなす人は少ないです。

 

 

2020.07.29お知らせ8月の竺仙本店の土曜日営業のお知らせ 第一1日第二8日土曜日営業10時~16時完全予約制

毎年4月~7月の土曜日営業を行っておりましたが

今年はコロナ禍の中4月5月はやむを得ず土曜日営業をお休みさせていただきました。

まだまだ油断大敵の中ではございますが、8月1日土曜日8日土曜日営業予定でございます。

すでにご予約も承っております。

事前のお電話を頂けますとスムーズにご案内できますのでお手数お掛け致しますが

宜しくお願い申し上げます。

担当:児島03-5202-0991

不在の際は他スタッフが承り時間調整させていただきます。

2020.07.29お知らせ日本橋髙島屋7月29日~8月4日「竺仙展」開催本館7階「和むすび」

安心・安全・健康第一を心がけ竺仙スタッフ全員が万全の体制で取り組んでおります。

今年も日本橋髙島屋様で「竺仙展」がスタート致しました。

美しい江戸小紋、なかでも最上級の糸で制作した牛首紬の「江戸小紋」

肩書だらけの江戸小紋は早々お目にかかれることはない逸品でございます。

また今年発表致しました新素材生地「紙糸ゆかた」「かげろうゆかた」をメインに

竺仙ウェブサイトでムービーで流れる絹紅梅・染帯とご用意致しました。

是非実物をご覧になりひとつひとつのお品物をご覧頂ければと思います。

売場の風景お届け致します。

担当:木村泰隆・宇津木一正

IMG_4446 (1) IMG_4448  IMG_4457

 

 

IMG_4473IMG_4472IMG_4476

 

 

IMG_4458IMG_4459

 

 

IMG_4464IMG_4468

2020.07.27新商品情報オンラインストアー新着商品

■竺仙オンラインストアー情報

今週の竺仙オンラインストアー新着商品

【反物】男性 『コーマ白地江戸好キング』重ね格子 茶

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM568.html

DSC01816-2020

 

 

 

 

 

【反物】男性 『細川クレヤーキング』コーマ地 雨に濡れ燕

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM569.html

_Q5A3971-2020

 

 

 

 

 


【反物】男性 『コーマ地染江戸好キング』彦三郎格子

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM570.html

DSC01753-2020

 

 

 

 

 

【反物】男性 『ローケツ男物』格子 ブルー

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM571.html

DSC01901-2020

 

 

 

 

 


【通販限定浴衣反物】女性『板締ゆかた』蜻蛉 ベージュ

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM572.html

DSC02023-2020

 

 

 

 

 

是非ご覧下さいませ。

2020.07.22竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

長板中形の野口さんの染工場へ行ってきました。

 

0722a

 

今日の再発見は、昔からある古い蒸し箱です。

蒸し箱とは、染料を付けた生地を蒸す為の木製の箱です。

箱というよりも箪笥と言った方が合っているような大きさです。

藍染以外の色物を染める時に使用するもので、生地に刷毛で染料を引いた後、蒸気で蒸して熱を加えることで色が定着します。

 

0722b

 

現在、一般的なものはボイラーで蒸気を巡らせますが、この古い蒸し箱は、釜戸のお釜にお湯を沸かし、その上に載せて使います。

焚口に年代を感じます。

 

0722c

 

野口さんの染工場の入り口には「萬染物店」という看板が掲げてあります。

藍染だけではなく様々なものを染めています。

84歳の野口さんは、まさに染物の生き字引です。

 

0722d

2020.07.22新商品情報オンラインストアー新着商品

■竺仙オンラインストアー情報

今週の竺仙オンラインストアー新着商品

【通販限定浴衣反物】女性 『板締ゆかた:キングサイズ』桔梗 薄藍色

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM565.html

DSC01966-2020

 

 

 

 

 

【通販限定浴衣反物】女性 『板締ゆかた:キングサイズ』紫陽花 モスグリーン

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM566.html

DSC01950-2020

 

 

 

 

 


【通販限定浴衣反物】女性 『板締ゆかた:キングサイズ』撫子 グレー

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM567.html

DSC02042-2020

 

 

 

 

 

是非ご覧下さいませ。

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記