竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

すべてのカテゴリー

2020.11.27お知らせ竺仙紅型染の染師・知念紅型研究所15代目当主知念冬馬氏の描いた作品がチョコレートのパッケージに。

マーリオチョコレート、日本初登場

デザインは黒糖の原料であるサトウキビが描かれてております知念冬馬氏の作品。

商品課が沖縄出張で社内のお土産にと購入してきてくれました。ご紹介します。

IMG_0225-2 IMG_0224-2 IMG_0222-2 IMG_0223-2

2020.11.25お知らせJR名古屋・髙島屋「江戸の老舗竺仙型染め小紋の世界」11階呉服売場展開12月1日まで

師走に向かい気付くともうすぐ12月・・今年が終わってしまうと

心がざわつく季節です。

こんな時期ではございますが、広いスペースを頂きまして

竺仙の代表商品「江戸小紋」「お洒落名古屋帯」「竺仙マスク」「竺仙干支手拭」」

「竺仙お風呂敷」・・・etcご用意致しました。

美しいものに触れて、しばしの間眺め見て、心が少しでも元気になって頂ければ幸いでございます。

売場風景お届け致します。 担当:木村泰隆

IMG_20201124_202730 IMG_20201124_202753 IMG_20201124_202817

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20201124_202842IMG_20201124_202833

2020.11.25お知らせ日本橋・三越本店 竺仙干支手拭コーナー展開しております。

気付けばもうすぐ師走。来年こそはきっといい方向に向かうと

信じ願い下を向かずに上を向けば必ず笑顔になれるはず。

沢山の思いを込め、干支手拭制作致しました。

牛頭天王を描いた青色の干支手拭はここ日本橋小舟町竺仙のございます守り神でもございます、

疫病退散・・そんな強い思いを込めました。こんな時期ですがご案内申し上げます。

担当:福本達也

三越本店売場風景お届け致します。11月25日より4階呉服売場

IMG_1330 (002).jpg三越

 

 

IMG_1337 (002).jp三越

 

 

 

IMG_1335 (003).jp三越

2020.11.24竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

この時期の竺仙には、浴衣はもちろん、江戸小紋や帯など来年お披露目するための新作が染め上がってきます。
今年は例年通りに、とまではいきませんが、少しづつ染め上がってきた反物が井桁に積まれています。

 

IMG00510 IMG00010 夏の付け下げ江戸小紋と麻染名古屋帯

 

すっかり来夏のことばかり考えている竺仙ですが、思えば冬はまだこれから。

今年も染め上がりました、鹿に紅葉の柄の江戸小紋。

鹿は言わずと知れた神の使いで、吉兆をもたらすとも言われます。

 

IMG00507 (2)

 

トナカイと雪の結晶にもみえるのでクリスマスの装いにもお薦めしています。

ミルクティ色とチョコレート色の二色で染めてもらいました。

これを着て、楽しい気分を盛り上げていきたいですね。

 

2020.11.20お知らせ神戸大丸11月18日(水)~24日(火)きものを楽しみ1週間 竺仙出店おります。

7階呉服中央イベントスペースにおきまして現在開催中の

竺仙出店のお知らせでございます。

解放感のあるゆったりとしたスペースをご用意頂き

竺仙お薦め商品の数々をご用意致しました。

年の瀬に向け、竺仙意匠のダイアリー「江戸帖」や干支手拭

をはじめなかなか普段では手に入れられない竺仙意匠の一筆箋

そして今手放すことのできない「竺仙マスク」の小物品も沢山ご用意致しました。

少しだけでもお時間を作って頂き是非お越し頂きたくご案内申し上げます。

売場風景お届け致します。 担当:宇津木一正

24日最終日は夕方5時閉場でございます。

20201120105335

20201120105007

 

 

20201120105451 2020112010543620201120105030

 

 

 

 

 

2020.11.19お知らせ2021年辛丑(かのとうし)干支手ぬぐいのお披露目4柄

毎年恒例となりました干支手拭、来年は丑年。

希望を捨てず、明るい世の中になりますようにと願い込めて制作致しました。

ここ日本橋竺仙小舟町の守り神でもございます「牛頭天王」ごずてんのう。

疫病を防ぐ神で四方を守る四神を描き除災、疫病退散に願いをこめました。

 No1.宝船 ¥1,300.-本体価格

 帆船に描く縁起文字は「丑」根鉢強く誠実に。定の一年を願います。

 No2. 絵馬 ¥1,300.- 本体価格

 全ての出来事が向上の年になりますように、破魔矢を右肩上がりに描きました。

 No3.千社札 ¥1,400.-本体価格

 週の武王の故事「丑を桃林の野に放つ」その願いと祈りは安寧の世です。

 No4.牛頭天王(青)ごずてんのう ¥1,400.-本体価格

 英病を防ぐ神「牛頭天王」と四方を守る四神を描き、除災、疫病退散に願いを込めました。

                                   株式会社 竺  仙 電話03-5202-0991

            中央区日本橋小舟町2-3 kojima@chikusen.co.jp

no1 宝船

 

no2 絵馬

no3 千社札

no4 牛頭天王

 

 

2020.11.18お知らせ新宿小田急5階呉服売場「竺仙展」開催11月18日~24日(月)まで

秋も深まる11月の終盤、新宿小田急様で「竺仙展」がスタート致しました。

竺仙の代表する数々の江戸小紋と美しい手描き友禅帯の数々ご用意致しました。

お着物と帯のコーディネートも是非参考にして頂ければ幸いでございます。

竺仙のお召し物で是非お出かけをし心も晴れやかに・・気分も上々そんな

こころもちでお過ごしいただきたく、皆様のお越しをお待ちしております。

売場風景お届け致します。担当 山口 勝己

HORIZON_0001_BURST20201117174403395_COVER

 

 

 

HORIZON_0002_BURST20201117172114171

 

 

 

 

 

DSC_0061

 

江戸小紋の柄は「変わり三筋段」コーディネートの帯は

江戸友禅帯「笹に吉祥文様」

DSC_0060

 

手描き友禅の飛柄小紋「おもちゃ尽し」

帯は江戸友禅帯「宝尽し」

 

 

 

 

 

DSC_0066 DSC_0067 DSC_0068

 

 

 

 

寄せ柄江戸小紋帯     手描き友禅帯胡蝶蘭   江戸小紋友禅帯竜田川と雪持笹兎

 

2020.11.18お知らせ金沢名鉄エムザ「江戸の老舗工芸展・技くらべ」3階カトレアサロンにて開催

11月18日(水)~23日(月)最終日夕方5時閉場

今年も恒例の催事に竺仙も出店しております。

三拍子揃いました貴重な牛首紬の江戸小紋・・・織師・彫師・染師の織り成す技が

一反の反物として見事なほどに美しく表現されております。

価値あるお品物ですので是非この機会にご覧頂きたくご案内申し上げます。

またその他江戸小紋・染帯・竺仙の高級ゆかた等々展開しております。

コロナ禍中、美しい竺仙意匠の反物生地から制作致しましたマスクは

数々のメディアにも取り上げて下さり「今必要」の商品もご用意致しました。

そんな中ではございますが皆様のお越しを心待ちしております。

売場風景お届け致します。 担当:近藤信之

IMG_20201117_164903

 

 

IMG_20201117_164955IMG_20201117_164532

 

 

 

 

IMG_20201117_165002

IMG_20201117_165015

 

2020.11.11竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

竺仙の奥州小紋 絹紅梅 江戸小紋などの反物を見ると反物の端に柄の無い部分があります。

 

IMG00445

 

 

この生地端の耳の無地場は型染、江戸小紋の染め工程でうまれるものです。
型紙を使い防染糊を置くため、白生地をつけ板に張る際に、生地の端に紙テープを貼ります。
地色を染める前にそのテープをはがすので、その部分には柄が無く地色がそのままに染まります。

 

板に糊がついており、白生地はぴったりと張り付いているのですが

生地が乾燥して捲れることが無いようにテープを貼ります。

また防染糊が型紙をはみ出して板や生地に付くのを防ぐためでもあります。

昔の職人さんはテープを貼らずにその都度糊を落としていました。
今も、柄や、職人さんの長年のやり方によっては貼らない場合もあります。

 

ちなみにプリント染の江戸小紋は生地巾いっぱいに柄が染まっていて耳がないことが多いようです。
さらに手付の江戸小紋にみえるように耳の部分だけ上から無地に染めていることもあるそうですが・・・

 

 

江戸小紋の染職人、千和多さんの生地張りの光景です

 

IMG_1901.jpg wIMG_1902.jpg w

 

白生地を地張木という硬い木で均すのですが、同時に生地の耳を念入りにつぶしてから紙テープを貼っています。

白生地の端は製織の際、緯糸が折り返すところなのでわずか1㎜にもならないわずかな厚みですが、なるべく平らになるようにするのです。

耳かきというこの工程によって生地と板の段差を少なくして型紙を保護し、また極細の錐彫り小紋を染めるときには糊が生地端でたまらないようにし、染め上がりがよりきれいになるようにしているのだそうです。

 

一口に小紋を染めるといって防染糊を置く前にも繊細な気配りがあり、目に見えない工程が沢山あります。

その手間があるからこそ見事な反物が染めあがるのですね。

 

IMG00440

 

耳まで美しく染め上がってきた千和多さんの江戸小紋。

耳の巾が細くて繊細です。

職人さんによって耳の染め上がりにも違いがあり、それぞれの味があります。

 

 

2020.11.10お知らせ2020年ベスト10専用アドレスお知らせ致します。

2020年ベスト10下記をクリックしてください。

https://www.chikusen.co.jp/ranking/

竺仙 児島

 

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記