竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

新商品情報

2022.11.10お知らせ2023年江戸帖・竺仙干支手拭・江戸型意匠一筆箋のお知らせ

毎年恒例になりました、江戸帖・干支手拭・一筆箋販売のお知らせでございます。

江戸帖の中の使い勝手が少し変わり販売時期が遅れました。再来年の3月迄お使いいただける仕様になりました。

手拭や一筆箋とセットでご購入いただくと220円割引ございます。

来年も竺仙意匠に囲まれ豊かな日々お過ごしいただきたくご案内申し上げます。

お問合せ:担当児島迄 kojima@chikusen.co.jp
フリーダイアル:0120-558-529

江戸帖 各税込 ¥1,650円 時計回りで「竹垣に百花」「斜め格子に萩」「雨に燕」

一筆箋 418円

DSC_0988 (002).jpg 江戸帖2023年手拭・一筆箋
 
 

干支手拭 1,650円~1,925円

干支ふきん 赤色1,045円*手拭より小さいサイズです。

 

DSC_0990 (002)

2022.09.13お知らせ令和5年干支手拭・干支ふきん 癸卯・みずのとう・完成致しました。

9月に入りあの暑かった夏を少し懐かしみ気分もスイッチも入れ替わり年末へ向けての頭の切り替えの月でもございます。

来年は癸卯の年うさぎさんです。ぴょんぴょん跳ねて跳ねて明るい年にピースな年にしたいと願います。念願成就出来ますようお手元で使いやすいおふきんもご用意致しました。

竺仙の稀生地で染めた干支手拭・干支ふきんお使い頂きたくご案内申し上げます。

お電話・メールでの対応も大歓迎でございます。

まもなく2023年江戸帖ダイアリーも販売予定しております。セットで購入致しますと今年も割引がございますので完成次第改めてご案内申し上げます。

2023年うさぎ干支手拭DSC_0839 (003) 2023年干支手拭カタログDSC_0840 (002)

 

 

ご予約等承ります。担当:児島迄 フリーダイアル:0120-558-529

kojima@chikusen.co.jp

2022.06.18お知らせ今や希少な会津の桐 一度は履いて欲しい柾の二枚歯の桐下駄

ずっと静かに出番を待っていた柾目の二枚歯の下駄。年月経て尚美しい。

本物志向の方はやっぱり上等な二枚歯の本桐をここ竺仙でもお求めになります。

年輪を感じる温かみのある桐下駄は本当に軽い。鼻緒も竺仙ゆかたとの相性の良いものをセレクト致し何足か男女共にご用意致しました。

白足袋を履いても素敵です。すげ師さんに「こんなに良い柾目の下駄良くとっておいていたね」って言われました。右近の桐下駄と併せてご紹介致します。

IMG_0502.jpeg二枚歯桐柾女物 IMG_0515.jpeg女物白右近桐下駄 IMG_0490.jpeg男物右近白桐下駄 IMG_0487.jpeg男物柾二枚歯桐下駄

2022.06.18お知らせデザイナー大竹敦子氏制作 天然石×ピーズ帯留 組合せでご紹介

大竹敦子氏が手掛けた帯留めもひとつひとつ手作業で、作品によっては制作に9時間以上かかった作品もあると聞きました。

今回実際に帯の上に置いてコーデ致しました。イメージが膨らむかと思います。

天然石帯留めIMG_0707
紅染めサンゴ×三分紐
ペリドット 8月の誕生石

IMG_0713-1.jpeg天然石帯留
水晶×藍染ビーズに三分紐 4月の誕生石
右は淡水パール 6月生まれのお守り

2021.03.19新商品情報(ゆかた・帯)オンラインストアー新着商品

■竺仙オンラインストアー情報

今週の竺仙オンラインストアー新着商品

 

【反物】女性 『型絵染 紅梅小紋』立葵

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM636.html

DSC02845-2021

 

 

【反物】女性 『奥州小紋』切継ぎ小紋 桐と芒

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM637.html

DSC03509-2021

 

 

【反物】男性 『細川クレヤーキング』黒紬やたら縞

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/TM638.html

DSC03299-2021

 

 

 

是非ご覧下さいませ。

2021.02.05お知らせ今年の新作のお披露目・・まずは金麦CMで石原さとみさんが「向日葵の柄」を着用して下さっております。

素敵な着姿は金麦『四季の金麦』篇にて
石原さとみさん‥本当に竺仙のゆかたが良く似合う。今年はCMで登場して下さっております。
https://m.youtube.com/watch?v=ezTRoDP-2hE

2021.02.04新商品情報オンラインストアー新着商品

■竺仙オンラインストアー情報

今週の竺仙オンラインストアー新着商品

 

【竺仙マスク】 『コーマ生地』紫陽花

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM048.html

20210203-6-1

 

【竺仙マスク】 『コーマ生地』源氏香

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM049.html

20210203-3-1

【竺仙マスク】 『コーマ生地』稲穂

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM050.html

20210203-5-1

【竺仙マスク】 『コーマ生地』釘抜き 深緑

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM051.html

20210203-2-1

【竺仙マスク】 『コーマ生地』小茄子

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM052.html

20210203-1-1

【竺仙マスク】 『コーマ生地』二崩し 深緑

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM053.html

20210203-7-1

【竺仙マスク】 『コーマ生地』輪繋ぎ 小豆色

http://www.chikusen-onlinestore.jp/SHOP/CM054.html

20210203-4-1

是非ご覧下さいませ。

2020.09.18お知らせ竺仙の人気柄の生地を使用したオリジナル家具が完成致しました。

家具の製造と販売を行っていらっつしゃるダイワ様が竺仙の生地を使用し

サイドチェスト、チェスト、TVボードを制作してくださいました。

ご自宅でのくつろぎの空間に竺仙のお気に入りの柄があるという生活は

いかがでしょう。素材も3種類、白木、ウォールナット、古材の中から

お好みに合わせ制作してくださいます。

完成のお品物ご紹介させていただきます。

詳細はダイワHPでご覧ください。

furniture-daiwa.com/original.html

image0

 

 

 

 

image2

 

 

image1

2020.03.26新商品情報竺仙ものづくり日記

竺仙の商品は、すべて伝統技術による手仕事で生み出されています。
ものづくりの日々を少しずつご紹介します。

今日は藍染の染工場に行ってきました。
0326-2
竺仙の長板中形本藍染の反物を染めているのは、江戸時代から代々藍染をされている野口家の6代目と7代目。野口さん親子です。
長年、竺仙専属染工場として、家族のようなお付き合いをしています。

竺仙が作る数多くのゆかたの中でも、長板中形はいちばん歴史のある技法で、
生地の表と裏にピッタリと柄を合わせて染める技術は、何度見ても感服します。

野口さんの染工場にはいつもお邪魔していますが、今日初めて気が付いたものがありました。

玄関に掲げてある「内国勧業博覧会」の賞状です。

0326-1

勉強不足で知らなかったのですが、内国勧業博覧会というのは、万国博覧会を参考に、国内の産業促進のため明治期に開催された博覧会だそうです。
4代目の猪之助さんが出展されて「有効賞」を受賞された証が、築100年以上経つ建物の中にさりげなく飾ってありました。

日常の中に、歴史と伝統技術を守り伝えていく重みを感じた瞬間でした。

0326-3

2017.12.18新商品情報(きもの・帯)江戸小紋の柄 麻の葉

麻の葉の柄は、幾何学的なシンプルな連続模様で、着物に限らずよく使われる意匠です。

六角の星のような形は麻の葉をかたどっています。

昔から神事にも使われてきた麻は節がなく、すくすくと強く伸びることから子供の成長を願う縁起柄でもあります。

麻の葉模様が染められた着物、帯は数々ありますが、今回は江戸小紋三点をご紹介。

 

DSCN6914 手前より06-153109 05-104274 05-151611

同じ麻の葉の江戸小紋でも柄の大きさや型紙の表現の仕方によって印象が変わります。

大きい麻の葉小紋はカジュアルな街着として・・・。

真ん中の着物はスタンダードな昔から目にする大きさの麻の葉小紋。

 

手前の藤色の着物は極細の錐彫りの型紙を使って染められた〈向かい鶴麻の葉〉。

よく見ると麻の葉の中に鶴が組み合わされており、どちらも吉祥模様です。

紋をいれると少しフォーマルな席にもお召しいただけます。

 

 

DSCN6722DSCN6720

麻の葉柄の中でも鹿の子模様で麻の葉を形作る『半四郎鹿の子』と呼ばれる柄。

歌舞伎役者5代目岩井半四郎が八百屋お七を演じた際にこの柄を着てから庶民に流行したとも言われます。

江戸時代の女性もこんな染物をきていたのでしょうか?

江戸の街着の装いを思わせるカジュアルな着物に合わせて紅型染めの名古屋帯をコーディネートしています。

琉球紅型の柄としては少し異色の柄ですがとても人気のある柄です。

向いあわせにハトが並び、お締めになると楽しい帯です。

DSCN6883

琉球紅型名古屋帯 染・知念冬馬  08-151648

 

 

お問い合せ   kato@chikusen.co.jp 商品部 加藤まで

 

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 今年の新作浴衣 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記