竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

すべてのカテゴリー

2020.06.10メディア情報ヴァンサンカン7月号に掲載中です!

浅田舞さん、真央さんご姉妹に素敵にお召しいただきました!

20200603154511

2020.06.10メディア情報すてきにハンドメイド6月号で注染の染工場を取り上げていただきました!

【美しき、にっぽんの染めと織り】のコーナーで浴衣の染め方の一つである注染を詳しく取り上げていただきました。

P84

2020.06.10メディア情報家庭画報6月号に吉祥柄の浴衣3点、掲載中です!

父の日の贈り物特集で縁起柄の浴衣3柄を載せていただきました。

P221男物ゆかた3反

2020.06.10メディア情報美しいキモノ2020年夏号 別冊付録に掲載中です!

今年もたくさの浴衣を掲載していただきました。

中条あやみさんの表紙は 綿絽白地・・大朝顔です!

こちらでは3ページほど紹介させていただきます。

P1表紙 綿絽白地1015大朝顔P4 コーマ地染211芽柳P12 絹紅梅9507牡丹

2020.06.09お知らせ日本橋三越本店にて竺仙新作の「かげろうゆかた」新素材でのご紹介

現在三越本店4階呉服売場におきまして展開中の竺仙のゆかた。

新素材「かげろうゆかた」の顔見せでございます。

絽の生地は横に網目を作りますが、こちらのかげろうゆかたは

縦に透かしを入れる試みのなかで生まれた新素材の生地でございます。

染め上げますとかげろうのようにぼんやりと美しく柄が表出することから

お召しになる方が涼しさをお感じ頂けるかと考えつきました。

是非お試しいただきたくご紹介させていただきます。

お色のバリエーションも、イエロー「レモンの柄」「七宝繋ぎ」

グレー「斜め取りの梅の柄」「鷹の羽の柄」

ミントブルー「萩の丸柄」「雪花紋の柄」「紫陽花の柄」を

取り揃えお色に合った意匠で染め上げております。

担当:福本達也

image1 (1)

 

「レモンの輪切りの柄」に「手織り花織半巾帯」

 

 

 

 

 

 

 

image2

 

 

 

 

 

 

 

image3

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

image4

2020.06.08催事情報6月12日(金)~15日(月)西多摩地区最大 和もーど立川校開催「竺仙展」

昨年も開催を致し大きな反響をいただきました立川校・和モード様主催の

「竺仙展」今年も開催致します。

竺仙のゆかたが100柄以上展示販売されます。着付けをこの機会に習得したいと

お考えの方にもダブルでの朗報かと存じます。

開催の準備を粛々と進めております。中央線沿線以外にお住まいの方も

少し足を延ばしてお越し頂ければ幸いでございます。

まだまだ自粛の体制で臨んでおり,マスク着用で対応させていただきます事

お許し下さい。また感染防止の為お客様のマスクの着用をお願い申し上げます。

会期:6月12日(金)~15日(月)
時間:10:00~16:00まで

住所:190-0012 東京都立川市曙町2-9-1 菊屋ビル2階

電話:042-512-9200

展示風景お届け致します。

IMG_4050

 

 

 

 

IMG_4053IMG_4054

2020.06.06催事情報横浜高島屋「夏の竺仙展」新素材かげろうゆかたのご紹介

「夏の竺仙展」も9日まででございます。

今年の新作、新素材生地「かげろうゆかた」のご紹介。

絽の生地は横に網目を作りますが、縦に透かしを入れる試みの中生まれた

かげろうゆかたでございます。

染め上げますとかげろうのようにぼんやり柄が表出することから

涼しさをお感じ頂けるかと考えつきました。

新素材のこと是非お試しいただきたく存じます。

https://blog-yokohama.takashimaya.co.jp/gofuku/post/37424 

横浜髙島屋様ブログもご覧くださいませ。

担当:木村泰隆・宇津木一正

かげろうゆかた「萩の丸と麻八寸帯」

image1

2020.06.05催事情報横浜・髙島屋会期中の竺仙ゆかた・人気の「福良雀」他お薦めコーデ

6月9日まで開催の「夏の竺仙展」

竺仙の人気柄の意匠「福良雀」まんまる丸く福がやって来る。

ご紹介します。また新作麻帯とむらさきのベンガラ染め松煙とのコーデもご紹介。

担当:木村泰隆・宇津木一正

image0 (1)image1 (1)

 

 

 

「福良雀の柄」

 

 

 

 

 

 

image3 (1)

image0 (2)

 

 

 

 

 

2020.06.05竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

0605b

 

「竺仙といえば万寿菊」とご指定いただく事も多く、この柄は竺仙を代表する柄のひとつです。

毎年様々な色合いで染めていますが、それぞれに趣きが異なり、多彩な表情を見せてくれる懐の深い柄です。

 

0605a

 

0605c

 

実は、本名は「傘菊」といいます。

菊を傘に見立て、長く職人の間では「傘菊」と呼んできました。

メディアなどで取り上げていただく際に、丸い菊に縁起の良い「万寿菊」を重ねて「竺仙の万寿菊」としてご紹介したことで、本名より有名になりました。

光琳菊といわれる一般的な万寿菊の柄もありますので紛らわしいのですが、今後も「竺仙の万寿菊」「傘菊」の魅力をより多くの方に知っていただけるよう、新しい表情を作り上げていきたいと思います。

 

0605d

 

 

2020.06.04催事情報横浜・髙島屋開催中「夏の竺仙展の今」をお届け致します。

現在横浜高島屋様開催中の担当者お薦めの商品のご案内でございます。

担当:木村泰隆・宇津木一正

image1

 

 

 

菊尽くしと万寿菊

 

 

 

 

 

image3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image2

 

 

 

 

「撫子繋ぎ」と「葡萄柄」

 

 

image0

 

 

「千鳥」

 

 

 

 

 

IMG_3503

 

 

新技法

型絵染紅梅小紋

「流水に秋草」

 

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記