竺仙|浴衣(ゆかた)天保13年創業の呉服屋

  • TOP
  • 最新情報
  • 竺仙商品について
  • 最新浴衣ランキング
  • 竺仙ギャラリー
  • 竺仙とは
  • 取扱い店舗ご紹介

新着情報

すべてのカテゴリー

2020.06.02催事情報京都大丸「江戸老舗展」開催6月3日~9日迄11時~夜は7時迄

今年も恒例の京都大丸様での「江戸老舗展」がスタート致します。

江戸小紋から今年新作ゆかた、と数々ご用意いたしました。

「いつ見ても何度みても飽きの来ない竺仙の意匠」数々展示してございます。

この夏も竺仙のゆかたで是非お出掛けいただければ幸いでございます。

江戸小紋も見逃せないお品物ご用意してございます。

売場風景お届け致します。

担当 近藤信之

DSC_1999

 

DSC_2005

 

 

 

 

 

 

DSC_2008

 

DSC_2004

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2007

2020.06.01お知らせ日本橋三越本店4階呉服売場「竺仙ゆかた」5月30日~スタート

今年も日本橋三越様での「竺仙浴衣」スタートしております。売場風景お届け致します。

担当 福本達也

三越 R02 売場画像⑧ 三越 R02 売場画像⑦ 三越 R02 売場画像⑥ 三越 R02 売場画像⑤ 三越 R02 売場画像④ 三越 R02 売場画像③

 

 

2020.06.01新商品情報「店主が選ぶ 2020年新作浴衣」6月 VOL.3

https://www.chikusen.co.jp/product/season/shinsaku2020-03.php

08 0807 0906

2020.05.29催事情報新宿伊勢丹「竺仙フェアー」開催 5月30日~6月7日まで

夏がもうすぐそこに手の届く季節となりました。

新宿伊勢丹7階におきまして今年も「竺仙フェアー」開催しております。

2020年度発表柄を中心に選りすぐりの柄をご用意いたしました。

売場風景お届け致します。

担当:山口勝己

DSC_1224DSC_1226DSC_1233

 

DSC_1231DSC_1225

 

 

 

 

 

2020.05.29竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

今日は月末ですので棚卸しをしました。

例年5月末の棚卸しでは社内にある在庫は少なく数えるのもあっという間に終わるのですが、今日は少し時間がかかりました。

 

0529a

 

0529b

 

百貨店や呉服店での催事が中止や延期になった影響で、いつもでしたらすぐに売れてしまうような珍しい反物がまだ沢山あります。

試作で染めたものの、様々な事情で泣く泣く今年の新作発表に選定できなかったものです。

色合いの再現性が無かったり生地が手に入らなかったり理由は様々ですが、せっかく素敵に染め上がったのに皆様にお目に掛けられない事がいつも残念でなりません。

せっかくですので、写真でご紹介いたします。

 

0529c

 

0529d

 

注染で染める場合、試作品は2反染めますので、世界で2反限りの貴重な浴衣となります。

2020.05.28お知らせ6月からの土曜日営業再開のお知らせと平日の営業時間のご案内。(予約制)

月末に長く続いた緊急事態宣言も解除されました。
とは言え今後も自身を守り、家族を守り、仲間を守る行動はとり続けねばなりません。
私たちはこの危機により多くのことを我慢し乗り越え共存することを余技なくされましたが、
それにも増す沢山の多くのことを学びました。
安全・安心を第一とし弊社の営業時間を下記の通りとさせていただきます。

月曜~金曜 9:00~16:00閉店

6月の土曜日営業 10:00~16:00閉店

またご来店時はマスクの着用をお願い致します。本店1階2階 はす向かい2階での
対応は1組様とさせていただき、密を避け対応させていただきます。
その為お待ちいただくことは心苦しく、ご予約をお願いし対応させていただきます。
私達スタッフも皆様に気持ちよくお買い物ができますよう取り組んで参ります。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

2020.05.22竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

『すてきにハンドメイド6月号』(NHK出版)にて、【注染】を特集していただきました。
0522a

美しい写真と共に、浴衣を染める過程を4ページにわたって紹介してあります。
とても分かり易く丁寧に説明してありますので、是非お手に取って読んでいただけましたら幸いです。

いつも注染の説明を求められる時は四苦八苦するのですが、さすがプロは違いますね。
これからはこの特集記事を参考に、もっと上手く説明できるように頑張りたいです。
0522b

取材時に染めていた浴衣は、綿絽に染めた桔梗と撫子柄です。
清涼感のある生地感とあいまって、朗らかで爽やかな浴衣になりました。
0522c

図案を決め型紙を彫り、なんの生地にどんな色で染めようか。
浴衣を作る工程では大変悩むのですが、思い通りに染め上がった時はこの上ない喜びです。
0522d

今年の新作発表会でも人気でした。
全国の呉服店や百貨店で受注いただきましたので、これから様々な店頭でお目にかかれると思います。

2020.05.15竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

3月以来、マスクはありますか?と、お問い合わせやご来店下さるお客様は少なくありませんでした。
世の中でマスクの不足感も解消されつつありますが、今でも、マスクを作ってください、職人たちを支えるために協力したい、といったお声も届いています。
心から感謝申し上げます。
ようやく商品化にこぎつけました。
0515a

0515c

マスクは、浴衣の生地と手拭の生地とを合わせて作りました。
張りのある浴衣地と、織り目が荒く柔らかい手拭生地が、マスクに適していました。
また、いちばんの特徴は和裁士が縫っていることです。
和裁の技術を生かし、肌当たりの柔らかい縫製を目指しています。
0515b

生活の中に伝統技術を取り入れて、手仕事のぬくもりを身につける豊かさを感じていただけましたら幸いです。

来週には発売できると思います。
もう少々、お待ちください。
0515d

2020.05.11催事情報2020年 竺仙催事のスケジュール更新情報 5月~

新型コロナウィルス感染防止により予定をしておりました、3月~の催事は自粛体制をとり中止取りやめとなりました。
5月に入り前回お知らせを致しました催事の予定も大幅に変更となりました。
改めまして5月11日時点で、確定しております出店情報・中止情報のお知らせを申し上げます。

 
日本橋 三越本店
5/06(水)~5/12(火)
竺仙展 本館4階呉服売場 綿布・絹布 担当:福本
 
神戸 大丸 中止(江戸老舗展)
 
金沢 大和
5/08(金)~5/27(水)
竺仙展 6階呉服売場 綿布・絹布 担当:近藤
 
銀座 三越
5/13(水)~5/19(火)
竺仙フェアー 9階テラスガーデン 綿布・絹布 担当:福本
 
JR名古屋 髙島屋
5/13(水)~5/19(火)
ゆかたフェアー 11階呉服売場 綿布 担当:木村
 
新宿 小田急
5/17(日)~5/19(火)
竺仙展 5階呉服売場 綿布 担当:山口
 
日本橋 髙島屋
5/20(水)~5/25(月)
竺仙展 本館6階呉服売場 綿布・絹布 担当:木村・宇津木
 
梅田本店 阪急百貨店
中止(新・全国手技工芸展)
 
京都 髙島屋
中止(きのの祭り)
 
横浜 髙島屋
5/27(水)~6/02(火)
竺仙展 7階呉服売場 綿布・絹布 担当:木村・宇津木
 
JR京都 伊勢丹
5/27(水)~6/03(水)
竺仙フェアー 9階呉服売場 綿布 担当:福本
 
新宿 伊勢丹
5/27(水)~6/09(火)
ゆかたフェアー 7階呉服売場 綿布 担当:山口
 
京都 大丸
6/03(水)~6/09(火)
江戸老舗展(他2社) 6階呉服売場 綿布・絹布 担当:近藤
 
横浜 そごう
6/16(火)~6/22(月)
竺仙展 6階呉服売場 綿布・絹布 担当:木村・宇津木
 
JR名古屋 髙島屋
6/17(水)~6/23(火)
江戸の老舗名品展(他3社)11階呉服売場 綿布・絹布 担当:宇津木
 
新宿 小田急
6/24(水)~7/07(火)
ゆかた小町 11階呉服売場 綿布 担当:山口
 
名古屋 三越
6/24(水)~6/30(火)
竺仙展 8階呉服売場 綿布・絹布 担当:福本
 
松屋 銀座
7/01(金)~7/14(火)
GINZAゆかたステーション 8階呉服売場 綿布 担当:福本
 
富山 大和
7/08(水)~7/21(火)
竺仙展 5階呉服売場 前半綿布/後半絹布 担当:近藤
 
大阪 髙島屋
中止(伝統展)
 

2020.05.08竺仙ものづくり日記竺仙ものづくり日記

0508a
注染(ちゅうせん)は独特な型染めです。
型紙を用いる多くの型染めは、生地を板に張って固定し、型紙を動かして防染糊を付けます。
しかし注染は、固定するもの移動させるものが逆転し、型紙を木枠に固定し、生地を動かして防染糊を付けます。
0508b

型紙の長さである1m毎に、生地を左右に動かして、皺の無いように平らに置き、型継ぎの無いようにきっちりと折り返す。
その繰り返しで、12m以上ある浴衣の生地に柄を付けていきます。
0508-d

伸びたり縮んだり形状が不安定である生地を、防染糊を付けながら屏風だたみにする工程は、力強さと繊細さの両方を同時に要求される、非常に高度な技術が必要です。
0508-c
古より伝わる日本の型紙染の歴史の中で、型紙と生地とを逆転させたことは、明治期の大事件だと思います。
誰が考えたのでしょう。
柔軟な発想力には頭が下がります。

この技術を未来に残していけるように、伝統を支える職人たちを守れるように、明治期の先人に負けないように頑張りたいです。

すべてのカテゴリー お知らせ メディア情報 催事情報 商品情報
商品情報(きもの・帯) 商品情報(ゆかた・帯) 商品情報(小物)
竺仙ものづくり日記